白百妹日記 

-with MOMO- 愛犬愛猫と暮らす日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

丹沢湖

前回の続きです。

この日も実は成り行き任せのお出掛けでした。目標にしたのは酒水の滝だけ。そこで道路標示を見て丹沢湖に向かい、足柄峠は帰り道というルートです。多分かなり要領悪いルートでしょう。

丹沢湖は大きかった。ビジターセンターを目指してしまい、どうやらメインの場所は外したらしいです。

丹沢湖 

丹沢湖 

丹沢湖 

湖畔にて。 

湖畔にて。 

湖畔にて。 

それでものんびり散歩をしていたら、他の観光客さんに道を聞かれた。地元の人と思ったそうです。以前も そんな事があったけど、一人で犬散歩してるとどうしてもね。

場所を変えてダム広場。広くて整備された公園です。

ダム広場 

紅葉真っ盛り。

三保ダム 

近いところから三保ダム 

壮観でした。

しかしダム広場はダムの下。 上まで行くにはスロープの道か階段か・・・結局、階段で一気に登り、戻りをスロープとします。

三保ダム 

三保ダム階段を登る。 

ダム入り口 

三保ダム紅葉 

三保ダム紅葉 

戻りはスロープの道。 

沢山歩く事ができましたぁ!だけど、もう少し調べてから訪れるべきだったなと思います。50選碑にも出会わなかったし・・・。

本日の百妹のポートレート

三保ダムにて。 

ダム広場にて。 

ダム広場にて。 
スポンサーサイト

御滝ふたつ

山北の酒水の滝は文覚上人が荒行をされたという謂れのある落差115mの滝。県内では割と聞く事から行ってみました。景勝50選にも入っている事だし。

以外と観光地でした。 

紅葉綺麗です。 

神奈川景勝50選酒水の滝 

しあわせだるま 

おどろおどろし・・・。 

湧水 

駐車場から滝までの道は、お寺があったり湧水があったりで寄り道ばかり。でも滝の音が激しく聞こえ百妹の表情はいま一つです。此方の湧水は未消毒という事でお水汲みは断念。

いよいよ見えてきました(犬散歩には全く足りない距離)。

酒水の滝 

酒水の滝 

酒水の滝 

かなり感動物の雄大な滝だったのですが私の写真では伝わらないですね。残念ながら赤い橋から先は危険防止の為、進入禁止なんです。YouTubeに臨床感を味わえる映像を見つけたので、どうぞ!

二つ目の滝は坂田金時に因む由来の足柄峠の夕日の滝。キャンプ場として発展しているみたいで新しいバンガローの建設とかしていました。 近くに猪猟の猟犬犬舎がありワンコの声が聞こえます。猪料理のお店もあったよ。

金太郎力水 

金太郎力水は浄水済みという事でお持ち帰りです。 私と百妹と猫達で戴きました。・・・因みに、以前マイブームだったお水汲みは夫からNGが出てやめました。気に入った筈の湧水でも時々で美味しい・不味いがあるみたいです。

殆ど歩く事も無く滝に到着。

夕日の滝 

夕日の滝云われ。 

夕日の滝 

犬。滝修行をする。 

こちらは落差23mだから規模は小さいのだけど、近くまで行けるので臨床感はあり。滝裏も潜れるそうです。滝壺は水の好きなワンコだと喜んで遊ぶのでしょうね。とても清々しい場所です。岩の先端にお線香が備えてありました。そういえば先程すれ違った方が「ワンちゃんもお参りに来たのね。」って。酒水の滝でも滝不動があり自然とお参りしました。夕日の滝にもお堂があったのでチャリ~ンと行っときました。

殆ど車と出会わないくねくね道を進むと足柄万葉公園があります。 こちらにも例の碑が。

かながわ景勝50選足柄峠 

足柄峠からの富士山 

見晴らしいいね。 

足柄の御坂畏み曇り夜の吾が下延へを言出つるかも 

足柄の御坂に立して袖振らば家なる妹は清に見もかも 

万葉集には足柄峠を題材にしたものが長・短歌合わせて19首あるそうです。 東国から任地に向かう防人の歌というのを2首程お勉強。

足柄辺りは、まだまだ自然がいっぱいでした。

真鶴岬三ツ石

ご無沙汰しておりました。10月30日は一年振りのクラブ展。久し振りのお友達・始めましてのお友達にお会いできました。お世話になった皆様ありがとうございました

さて、翌31日は伊豆に行きました。先ずは「真鶴半島」。神奈川県の端っこ、神奈川県小田原市と静岡県湯河原市の間にある神奈川県足柄下郡真鶴町。


海辺の街を走り上り坂に。真鶴三ツ石は海辺なんだけど大丈夫かなぁ・・・突端のケープ真鶴に駐車して、覚悟して歩き出します。下り階段の途中で50選碑に出会いました。



お久し振りの50選碑   


50選碑から見た三ツ石 

海に下りる階段はちょっときつかった。

干潮時には三ツ石は陸続きになり渡れるそう(本当?)。満潮時で残念でした。

浜辺から。


記憶では小学校か中学校の遠足で来た覚えがあるのだけど・・・本当に来たのか、こんな所・・・って失礼。子供が隊列作って歩く様な海岸ではないし、子供が喜ぶかなこの景色。昔のアルバムを探してみたけど、何処にしまったか見つからず。

犬にとっても、浜辺を歩くには足場が悪いし

足場悪いのね。 

この石が不安定で乗ると動くのね。百妹は頑張りました。


景色は関係ないし


三ツ石を鑑賞 

三ツ石と百妹 

ひたすら飼い主だけが興にふけっていたのでした。

海沿いの遊歩道を歩けば別ルートで戻れそうでしたが、百妹に従い来た道を戻ります。

真鶴岬と三ツ石 

飼い主はゼイゼイヒーヒー、余裕の百妹でした。

真鶴岬は全体が公園という事で、森林浴をしながら散策を楽しめそうな所です。展望広場もあって、そこを散歩しようと思ったのですが・・・富士からの演習音が届き断念。 南下します。

桜@湘南平・高麗山公園

桜の名所である湘南平は、平塚市と大磯町に跨る高麗山公園にあります。

花に見とれながら山を登ると(車ですけど)シンボルタワーのテレビ塔 が。湘南の海辺のいたる所から見え「是非桜の頃に・・・」と思っていました。


テレビ塔
 

テレビ塔 

テレビ塔は赤いアンテナの下の白いスペース迄登れて、そこは恋人達の愛の南京錠で埋められているらしいのだけど、至る階段で百妹が拒絶した為途中で断念。

レストハウスとテレビ塔は向かい合っていて、双方の展望台からは湘南の海や丹沢山系が望めます(レストハウスは開館時間前につきシャッターが下りてましたが)。

桜満開の日です。 

50選碑? 

こちら“かながわの景勝50選”に入っているので50選碑の更新を楽しみにしてもいたんだけど、探せど探せど見つからず。どうやら麓のハイキングコース入り口にあるらしいのです・・・普通は一番景色の良い場所にあるんですけどね。

歩くというより、桜を愛でながらのんびり散歩の朝です。

桜と百妹 

桜と百妹 

桜と百妹 

桜と百妹 

という訳で、湘南平の桜でした。

仙石原・・・

朝の海はかすかに日が差していたので・・・

昼は晴れるらしい。 

それにピンポイント予報でもいい感じだったので、仙石原のススキを愛でに向かいました。昨年はムートンの様なベージュ、今年はまだ葉が緑だろうなと期待して。

ところが登るに従って霧、雨・・・まぁ、9時には晴れると書いてあったし。時間稼ぎにスカイラインとかドライブして、車中で百妹と朝御飯して・・・でも

雨はあがりません。 

とても歩く気には・・・ 

50選碑 

雨の仙石原です。ススキの道を歩く事は出来なかったので、まるで50選碑を撮りに行ったみたいです。

その後は強羅公園に向かいました。 

噴水怖い。 

公園のシンボルの噴水と後ろはヒマラヤ杉、庭園様式はオフランスだそうです。百妹は噴水怖い派なので逃げてます。

思ったよりこじんまりした公園でワンコ散歩には向かないかな。温室を含むすべての施設がワンコNG。

バラ園

この位離れてれば大丈夫だよ。 

急に日が差し暑いくらいになり百妹も飼い主もコートを脱ぎ・・・一緒にソフトクリームを食べました。

園内だけでは歩き足りなっかったので町を散歩してランチして強羅を後にしました。そして、やめればいいのに「山の上も晴れたかなぁ」と再び芦ノ湖畔に向かった愚か者飼い主です。ところが、やはり濃霧と小雨で朝と合わせて芦ノ湖畔を殆ど一週したのですが、芦ノ湖を一目も見ていない、一度も車を止めない・・・という結果でした。道路標示も近距離でないと見えないので道を知らなかったら迷子です。ホント御馬鹿ですね。

口直しに辻堂海浜公園を散歩。

波高し。 

一生懸命歩きます。 

珍しく飼い主より海側を歩きました。今日はあまり歩いてないものね。

ボール遊びもしたし、のんびり散歩はできたし・・・百妹にも飼い主にもいい口直しになりました。

やっぱり此処は好き。 

コスモスの花壇。 

早朝から夕方まで時間があったので“箱根”と決め込んでいましたが、こんな日はやめておけば良かったみたいです。箱根の霧は〇十年前にも経験していたのに・・・甘かった。百妹ちゃん、付き合わせてごめんね。こんな日は文句も言わ(え)ず付き合ってくれる愛犬がより愛おしくなります。

大雄山最乗寺

足柄の大雄山最乗寺は広かった。何てったって仁王門から三門迄が約3kmとの事。

3km続くらしい 

往復6kmはとても無理なので、この参道はとっかかりだけでスルー。杉と紫陽花の遊歩道です。

百妹と飼い主は境内の無料駐車場に車を入れて歩きました。

境内図 

逢えたぞ!

赤帯に隠れた山道も含めて全部見学しました。地図を持っていなかったので行ったり来たりしながら。

曹洞宗のお寺では福井永平寺、鶴見総持寺に次ぐ規模だそうです。

山寺です。 

紅葉の名所

百日紅が綺麗 

百妹は拒絶 

二重の塔 

荘厳 

彫刻がいいね。

山だからね~。 

帰ってから写真を整理したら・・・本殿がないのね。何が何だか分からない状態だったの。

どうしようかと迷ったけど結局登った350段。百妹を励ましながら汗びっしょりで登り、擦れ違った方には「ワンちゃん、休憩したいみたい」なんて言われ戻りが不安。戻りは抱っこか・・・登りだしたら一気に行かねばね。恐怖の階段を表す写真はないです。

果てしないのね。 

到着です。 

お堂の中は「ご自由にどうぞ」だって。記念にブレスとか購入して、おしゃべりして・・・さあ恐怖の下り階段と思っていたら、

何だ、とっても理想的な散歩道から戻れました。

のんびりだらだら坂 

女性の為のお堂 

大変満足な散歩・・・否観光ができました。

そして、もちろん最乗寺と言えばこちら。御真殿脇の現在版と碧落門外の先代と二つあるとは知りませんでした。

大下駄 

出会った方と。 

誰が履くの? 

いろんなサイズの鉄下駄が沢山奉納されてました。

箱根路 駒ケ岳

ピクニックガーデンを後にして、次に向かったのは駒ヶ岳。百妹は初めてのロープウェイ体験です。

駒ケ岳ロープーウェイ 

ピクニックガーデンが見えます。

この為にショルダーバッグを持ってきました。たった7分間の我慢です。外を見れない百妹にとっては電車と何ら変わりなかったのでは・・・。

駒ケ岳は隣の神山に次ぐ箱根で二番目の標高(1356m)。なかなか面白い頂上です。

箱根神社元宮 

ロープーウェイ乗り場 

熊笹の中にポツンと建つのは箱根神社の奥院。高くそびえるのは避雷針?だよね。雷時想像するだけで怖い。鳩屋敷みたいなのはロープーウェー乗り場。飾り気なく年期も入り、なかなかいい風情を出していました。

もちろん、こちらにも会えました。

すぐに見つかったよ。 

柵の向こうは芦ノ湖から伊豆まで景観が広がります。お天気は決して悪くないんだけど霞が掛かってました。

富士山もとても近くに見える筈なんだけど、時折ちょこっと顔を見せる程度。

整備された道 

たっかい所の神社 

清清しい! 

神主さんに「すごい荷物ですね。」と言われてしまった。百妹バッグだから空っぽで軽かったんですけどね。

白馬が舞い降りたという有難い石もあります。

白馬・・・否白犬 

お立ち台はいっぱいだよ。 

モデルに徹する。 

“有難い”と書いてない石も沢山あったので乗ってきました。富士山が見えたり見えなかったりだったので「富士山の代わりに犬を撮ってこ~!」なんて人が数人カメラを向けてくれて、私は写らない様に遠慮した・・・なんて場面もありました。

笹の道が魅力的に通っています。

熊笹の道 

観光地からちょっと離れてみたかったのですが、すぐに百妹の拒絶にあい断念。頂上散策は一時間半で終了しました。

ランチは元箱根でパスタ ・・・。

青野菜のタリアテッレ・アンチョビ風味 

美味だったけど、何かの蛹を食べてるみたいな錯覚をしちゃいました。

お茶は甘酒 ・・・。

二度目だね。 

見事なサツキ 

甘酒茶屋は時間に余裕があれば是非立ち寄りたい場所、旧街道の面影が強く残ってます。この辺りの散策もしてみたいところだけど・・・“猪注意”の看板が気を挫きます。

この日も一日、初めての場所、懐かしい場所を堪能する事ができました。次回は何時だろう。出来れば9月頃に又来たいです・・・箱根!

箱根路 長尾峠とピクニックガーデン

足柄SAのドッグランは春から新しくなったんですね。

温水ではないみたい・・・ 

水飲み・・・ 

きのこ!?・・・ 

以前よりSAに寄り近くなりコンパクトで綺麗。後ろにはセルフだけどドッグカフェがありました(朝御飯をしようかと思ったら、まだ準備中だった)。

7日の事。ハンバーガー一個を調達して箱根に行きます。


柵は邪魔ね。 

今日の富士 

流石のアングル 

50選碑 

途中、富士見スポットで霞がかかった富士を眺めたり百妹と朝御飯をしたりしながら、長尾峠に到着しました。隋道を抜けると仙石原から芦ノ湖まで見渡せる絶景地です。

ピクニックガーデンに着いたのは開園9:00の5分前、狙い通り誰もいません。何にもない事で有名!?な場所なのですが、実は早春に来た時に閉園中の所を知らずに入ってしまい、この広くて絶景以外に何もない所を気に入ってしまいました。因みにドッグランはとても狭いです。

気持ちのいい場所です。 

広いです。 

ドッグラン前で。 

相変わらずのポーズ。 

絵に描いたようなノンビリマッタリの構図です。ちょっとボールを忘れた事を後悔。

暫くして四頭のラブちゃん達がやってきました。


群に馴染む。 

一年振りの親子の対面だそうです。品川と三河ナンバーの車だったから中間地点で再会したんですね。皆いい子で明るくて活動的で楽しそうでした。しかし百妹ってどんな性格してるんだろう。離れていたにも関わらず自分から彼らの輪に入り、しかも遊ぼうとはしない。この通りです。「もう行くよ。」と促したらラブちゃんの飼い主さんの間で座り込みしてました。 そのうち美味しい物でも出てくるかと期待していたのかな。

お花見ハイキング

散り往く桜を家族でのんびり楽しもうと、七日は鷹取山にやってきました。どこの地区にもある地元民だけのお花見場所です。

 

鷹取山の桜 

 

静かなお花見ができます。 

 

あくまでものんびりと・・・のつもりだったのですが、展望台で「そのうちに神武寺までハイキングしてみたいね。」と言ってしまい、即実行と相成りました。

 

距離的には往復一時間位なのでたいしたことはないのですが、山桜の舞い散る道は割りと変化に富んでいます。 

 

やっと通れる道 

 

滑るぞ!石畳の坂道 

 

写真を撮る余裕はなかったけど一番の難所は鎖場でした。岩にチェーンが打ち付けられていてそれを持たなければ歩行困難な所です。百妹ちゃん、どうするよ~!犬を抱っこしては当然通れません。普通のリードでも無理だったでしょう。 自由の利く伸縮リードで乗り切りました。「百妹はやっぱり犬だったんだわ。四足には適わないや。」と改めて実感・感心させられました。

 

成り行きで50選碑にも会えました。百妹ちゃん不細工!夫が一緒だと何枚も写真を撮ることが出来ません。

 

神武寺と鷹取山 

 

拝殿とみやまつつじ 

 

山門 

 

本名不明もしくは神聖という意味らしい。 

 

 神武寺はかなり風情あるお寺でした。裏から入り拝殿で引き返しているので全部は見て来なかったけど。

 

たいした距離でなかったにも関わらず足元緊張で歩いたせいで太腿にきてます。この回復には三日程かかりました。犬も筋肉痛ってあるのかな。

 

ただいま~! 

 

帰ってから調べたら、このコースはJR東逗子駅から行くのがいいみたいです(京急の神武寺駅というのもあります)。鷹取山公園まで行って折り返すのがお勧めかな。京急追浜に出るには住宅街なんかを結構歩かなくてはならない・・・我が家はいつも鷹取山公園近くのスーパーに車を入れちゃってます。

桜の季節

暖かかった22日、横浜では染井吉野がチラリホラリと開花中。昼下がりに山下公園から港の見える丘公園、元町公園を散歩してきました。

 

開花 

 

港の見える丘~♪ 

 

入った事はない。 

 

記念館のシンボル 

 

和洋合体の洋館 

 

大佛次郎氏は無類の猫好きで生涯に飼った猫の数は500匹で障子が破けていない事がなかったとか・・・猫に関する小説は無く自叙伝みたいのにしか書いてないらしいです・・・って無学ですみません。

 

こんなデートコースみたいな所にはデートをしなくなってからは縁がありません。

 

横浜チックな橋 

 

丘公園にあるよ。 

 

ワンちゃんにはお菓子とお水のサービス 

 

柵の中の碑 

 

確認の為もう一枚 

 

洋館跡 

 

えの木ていローズガーデンでお茶も出来たし50選碑も更新したし・・・今度、山手洋館巡りとかやってみようかな。ワンコ連れでは外観だけだけど。灯台元暗しというのでしょう。神戸の異人館巡りは旅行者として見学をしたのですが、横浜は何も気にせず通り過ぎるだけでした・・・誰かを案内して何処かに入った事はあるかも。

 

山下公園に戻り、ニューグランド前の枝垂れ桜が咲いていたのでパチリ。夕闇が迫ってきました。

 

枝垂れ桜 

 

朝方、友人達が横浜散歩をすると情報があって遅ればせながら行ってみたんですけどね。Aさんは携帯をリュックにしまってしまい、聞こえなかったらしいんです。横浜としか聞いてないので偶然を期待しても望み薄・・・諦めて(でもちょっぴり期待して)マイペース散歩をしてきました。 

箱根路2010春 後編

ロープーウェーを眺めていたら乗ってみたくなりました。なんでもキャリーインならOKらしいです。百妹ちゃん、いつか乗ってみようね。嫌かな?

 

いつか乗ろうね。 

 

まぁ、こうして地に足を付けて眺めている方が無難かもしれません。

 

煙もくもくの大涌谷です。私はいつ以来なんだろう。

 

モクモク・・・ 

 

着いたよ! 

 

皆が見てる・・・ 

 

風があるから臭くない。 

 

幸い反対方向の風が強くて臭いは殆ど気にならなかったけど、呼吸器系の弱い人は気をつける様書いてありました・・・つまり天候によってはワンコはやめた方がいい訳ね。

 

百妹は、硫黄の臭いには反応せず、人様の食べている玉子とソフトクリームに釘付け。 

 

向こうが玉子茶屋 

 

名物 黒玉子 

 

勿論、私も買いました。5個入り500円。一個を百妹と戴きました(賞味期限一日)。黒たまごの中身は白いのね・・・って黒かったらピータンだけど・・・美味しいよ。黄身までしっかり火が通っていて白身はソフトなの。

 

ランチは元箱根に戻りアクアパッツァテラス

 

本日のランチ 

 

東京に本店があって有名なシェフのお店らしく、テラス席はワンコ連れが5・6組はいました。ピザが有名らしいんだけど・・・私も一人でなかったらピザとアラカルトをチョイスしてワインでも戴きたい所でした。それにしても超寒い~!あっ、勿論スパゲッティはかなり美味しかったですよ。

 

帰りは旧東海道を通って・・・また池に出会ったのでどっぷりと景色に浸ります。いつもの事だけど、百妹はカフェで休んだ頃からお疲れモード、もう無理はしません。

 

又、素敵な池が・・・ 

 

食後の一休み。 

 

長閑な池の名の由来は、 江戸の頃、奉公先を逃げて実家に帰る途中関所破りをして処刑されたお玉さんの首を洗った場所だとか。う~ん!大変な時代だったんですね。今がいいかどうかは別にして・・・。

 

かの有名な甘酒茶屋に着きました・・・って全くの成り行きです。ワンコ連れはお庭席。「運転手は甘酒は駄目でしょ?」と聞いたらアルコール0%なんですって。特に好きではなかったけど、今迄の概念を覆す美味しさでした。甘酒って酒糟と砂糖で作るものとばかり思ってましたから。

 

お休み・・・ 

 

凄く暖かいお店でした。長く愛されるお店ってちゃんと理由があるんですね。犬を縁台に乗せてしまいごめんなさい。快く許して戴きありがとう。これは幼犬の頃からベンチ犬に育ててしまった飼い主の責任です。「汚れるから地べたに座らないでね」と教えてしまったんです。お勉強に通うようになって飼い主の意識は多少変わったのですが・・・百妹にとってベンチは休憩場所。これの改善には、やっぱりカフェマットは常に持ってないと駄目ね。

 

 

 滞在数時間にして充実の遠足でした。

箱根路2010春 前編

梅は散ったか桜はまだかいな・・・しかも雪が残り天気が微妙な15日の箱根です。先ずは起点の大観山で休憩。ターンパイクの道中は前も後ろも車無し、擦れ違ったのはたった一台。最高の往路でした。

 

寒し・・・ 

 

ああ富士山が見えない。 

 

リベンジで会えた50選碑 

 

前回見つからなかった50選碑に会えて取敢えず満足。しかし寒い!百妹は散歩が足りないとゴネたけど、トイレ休憩だけで勘弁願いさっさと芦の湖畔に下りました。

 

さぁ!沢山散歩しようね。ところが・・・杉並木は「嫌」だって写真にも納まってくれない。家の方とは違い歴史を感じる大木ばっかりで私は少し歩きたかったのに。なので、やっぱり恩賜公園を一周。

 

杉の太さが歴史を感じる 

 

曇りの恩賜公園 

 

こちらもリベンジよ。 

 

森を散歩 

 

まだ8:00台だったので入れるかどうか心配だったけどOKでした(駐車場は9:00から)。但し、定期的に妙な(雷みたいな)音がして・・・百妹はびびりまくってました。何処に逃げても逆らえず・・・それでも9:30頃には治まって。公園内を隅々まで歩き、挙句は土産物屋さんで百妹は褒めちぎられ、私は散財(でも、店内にも入れてくれて嬉しかったから次回も立ち寄ろう)。

 

さてさて復習はこの位にして新しい所に行かなくてはね。計画性の無い性分なので散歩しながら決めました。でもいつもの通り道を間違えました。転んでも只では起きぬというか嬉しい旅のハプニングというか、Uターンしようかと思った矢先に素敵な景色に出会いました。

   

素敵な池に出会う 

 

一周したよ。 

  

やぐら付きの魔崖仏 

 

石仏群で有名な精進池という所だそうです。折角なので池の周りを一周したけど、お墓や石仏の存在が一人と一匹旅にはちょっとおどろおどろしく感じました。葦の間の遊歩道では走っちゃったりして。でも帰ってから思い出に残るのは結局こんな場所ですね。

では正規のルートに戻り、後編は後日書きます。

 | HOME |  NEXT »

プロフィール

百妹(モモ)

Author:百妹(モモ)
日本スピッツ
2003/04/20生まれ
女の子
横浜市在住

画像掲示板

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。