白百妹日記 

-with MOMO- 愛犬愛猫と暮らす日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝夷奈切通を行く

昨日19日、前回途中棄権した鎌倉七口の一つ朝夷奈切通を歩いてきました。

asahizu2.jpg

15-4.jpg



横浜側の入り口は横浜横須賀道路朝比奈インターの傍にあります。従って入ってすぐにあるのは頭上の高速道路。

行くのは嫌です。

 


落ち着いて見える百妹ですが、実は相当嫌がっています。来た方向を向いて座り込みの連続でした。

 帰りたい・・・

 

この道を象徴する中世の人口道路。

小切岸

 

熊野神社への分岐はやり過ごし先に進みます。

大切岸

 

そして前回断念した場所にやってきました。湧き水でドロドロの下り坂。現在堆積物を取り除き原型に戻す作業中で「直に歩きやすくなるよ」との事でした。

こっ、ここを降りるんですか?

 

一つ目の足場は抱っこで渡りましたが、二つ目の時は何とか頑張ってもらおうと・・・駄目でした。汚れた百妹を抱っこしたくないので、迂回し水路か泥道か分からない場所を自力で歩いてもらいました。

怖いです

 

鎌倉側入り口に到着。

コピー ~ IMG_1046

 

道を進み県道に向かいます。この道も後から調べたらいろいろな史跡があったらしいのですが、後の祭り。

上に“やぐら”を臨む道

 

見慣れた県道に出て十二所神社まで行き、入り口に引き返します。、家を出てまだ一時間強。中世とはいえ流石に人の手による産業道路。効率よく作られたものです。

足とお腹が真っ黒です。

 

ちょっと物足りなかったので、入り口の三郎の滝まで戻り標識を頼りに脇道の十二所果樹園に行ってみました。あまりメジャーではない所ですが観光目的でないのも散歩のメリットですね。緩い上り坂を暫く行くとかなり広い梅林がありました。残念ながら花は全く無し・・・一ヵ月後でしょうか。

花のない梅林でした。

 

江ノ島と八景島が両方展望できる所は珍しい。 霞がなければ富士山も見えた筈なのに・・・。やっぱり谷底より山頂の方が気持ちいいかも。

展望広場にて

 

 どうやら、ここから先程の泥坂を通らず戻れるらしいです。右側は米軍領なので逗子市との境を歩いているのでしょう。降り口は三つ。知っている熊野神社を目指します。

市境の山道

 

鎌倉と横浜なのか、逗子も絡んでなのか。この市境界はちょっとわかりません。 

何処と何処の市境?

 

社殿が見えた時にはホッとしました。前回訪れた時はとっても幻想的だった熊野神社・・・今日、上の奥社から辿り着いたら八景島どころか我家の後ろにそびえるマンションが見えるではないですかぁ。拍子抜け・・・。

熊野神社

 

 車の騒音や街の気配で百妹は興奮してロングリードいっぱいに走り出しました。街が好きなのか、山が嫌いなのか、それとも家に早く帰りたいのか・・・分かりません。

ただいま!

 

ここからは普通のリードに換えました。 

ただいまぁ~!!

 

以上、家から往復徒歩二時間半の散策を旅レポート風に纏めてみました。

スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

百妹ちゃん・・・
やっぱり何か見えない気配を感じていたのではないでしょうか?
動物には見える!ってよく聞きますよね。。。^_^;
mamが行ったらやっぱり背負って帰ってきそうな気がします。。。(>_<)
モモママさん・・・すごいなぁ~!!!

百妹ちゃんの道案内

モモママさん、おはようございます~
百妹ちゃんの史跡探訪、たいへん興味を持って見させていただきました。v-47
朝夷奈切道は現在でも険しい道ですね。v-12
しかし、頭上の高速道路は景観上ちょっといらないような気が………

Lufa mamさん

ウ~ン、そうなのかなぁ。
>動物には見える!
確かに先代犬の末期には感じた事があります。
私には何も見えないよ~~。
でも、足は何ともないけど腰から首までバリバリに凝ってます。
これ、まずいでしょうか?

白黒茶々さん

江戸時代までは主要道路で改良を繰り返されたらしいです。
今の県道は上の山道・・・この道を広げれば真っ直ぐあっという間の鎌倉だったのに・・・よくぞ残せたと思います。

景観に問題ありの高速道路も、今ではこれがなければ生活できない大切な道路・・・完全ミスマッチの今と昔をお楽しみいただいてありがとうございました。
長年住んでいてやっと実現したらヤケに簡単な道でした。

やっぱり街が好き

百妹ちゃん街が好きなのね~。
カフェのないところなんて百妹の行く場所じゃないわとか思ってるのかも。(笑)
でもねー、あの道はやはりおひい様の百妹ちゃんよりも、古武士の由之君向けだよねー。
今度由之君借りてみたら?
すっごく様になると思うわ~。

すご~い!

ご自宅から往復2時間半の範囲ですよね~。
すごいなぁ~、昔作られた道とか・・・歴史を感じる。
ちょっと怖いけれど、行ってみたいと思いました。
でも、ワンコと一緒じゃなきゃ行けないな・・・やっぱり。

百妹ちゃん、ママのお付き合いお疲れ様(^_-)-☆

アクアマリンさん

そもそも街派に育てたのは私なんです。
山はお医者さんも嫌がるし・・・。
でも私の本来の性癖が頭をもたげ、ついに去年の冬から入山!
そういえば今年になってからカフェに行ってないじゃん。

由之介君達は山は慣れてるから生き生きするよね。リチ君はどうなのかな?

メイママさん

ね~、そんなに近いのに今迄行かなかったの。
いつも車で通っていて入り口の案内板だけは確認していたんですけどね。
私もワンコと一緒でなければ嫌です(守ってくれる訳ではないけど・・・それどころか守らなきゃぁ)。
夫は一度付き合いかけたのですが、数十メートル程行ったら「ずっとこんな道?だったらもう分かったから帰ろう」って帰ってきちゃいました。
夫も街派なんです。

リチは大好きでしょ

私はともかくリチは大好きでしょう、そういう道。
だって伊豆であんなにイキイキしてたんだから。
リチのこと貸してもいいよん。
その間私と百妹ちゃんは鎌倉でカフェ三昧してるから~。(笑)

懐かしい思い出

朝夷奈切通のお散歩を拝見して又、懐かしい昔のことを思い出してます
小学校3年か4年のころ、家族で朝比奈峠(このように記憶しているのですが、同じ所でしょうか)から鎌倉へハイキングをしたことがありました
その時、飼っていたわんちゃん、名前はポチがついてきてしまいました
帰りは電車で帰る予定でしたが、父だけはポチと一緒に歩いて帰ったのですよ
ポチは私のハモニカに合わせてウオオォ~、ウオオォ~
と歌ってくれるわんちゃんでした

アクアマリンさん

そりゃないよ~!
しかしハイキングで食事を摂るのはチト怖い。
カフェはカフェで楽しみたいです。
置いてかないで~~!

MADOKAさん&とんちゃん

ハイキングをされたとなると、私がもう一つ挑戦中の六国峠から天園(金沢文庫から鎌倉随所)のコースの方が可能性が高いかもしれません。
麓の切通し、上の六国見山に至る道、現在の県道(昭和31年開通)・・・いずれも朝比奈峠です。

ポチ君も百妹も飼い主達も、皆鎌倉を目指したのですね。
何だか嬉しくなります。

昭和13年か14年頃ですよ

両親、小学校3,4年のMADOKAと弟、妹、ポチご一行さまですから
お写真拝見してこんなに険しい道だったかな~と思ってました
六国峠、聞き覚えがあるような気が致します
モモママさんと百妹ちゃんの挑戦中のお散歩、楽しみにしてますね

MADOKAさん

素敵な思い出ですね。
電車に乗った駅は何処だったのかしら。
小さいのによく歩けましたね。

時を経ていろいろ様変わりはしてしまいましたが、山そのものは残っています。
切通しは決して険しくはないんです。
私にとって一番険しいと思うのは、長~い急階段。
犬は弾みをつけて降りるので引っ張られると危険・・・下りではよく百妹を抱っこする羽目になるのです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

百妹(モモ)

Author:百妹(モモ)
日本スピッツ
2003/04/20生まれ
女の子
横浜市在住

画像掲示板

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。