白百妹日記 

-with MOMO- 愛犬愛猫と暮らす日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱根路・仙石原

11月6日、仙石原のススキが黄金色に染まったという事で、行ってきました。まるで、ムートンかベルベットの敷物が広がっているみたいでした。

 

真ん中の道が散策コース 

 

すすき・・・ 

 

光ってます。 

 

白毛も光ってます。 

 

お立ち台もありました。 

 

どうやら東側が山で、ススキは綺麗なのですが午前中は逆光になります。時間帯によっていろんな表情を見せてくれるのですね。歩いた時間は9:00~10:30位までかな。ちょっと居過ぎました。ここで釜飯のランチを予定していたのですが、開店まで待てません。人も増えてきたし・・・。

 

折角お天気良好なので富士山の見える方角を進み、桃源台のビジターセンター付近で又散歩です。ワンコ散歩にはもってこいの場所と聞いていたので・・・しかし私はビジターで観光客です。とっても素敵なお散歩コースが続いているらしいけど、何も箱根まで来てハイキングをする気もないのでちょこっと園内だけ!

 

紅葉始まりました。 

 

あれは何・・・? 

 

快調に歩いていた百妹の足が止まり耳がピッと立ちました。ハイ、パチリ!何だろうとと思いきや、樹木の向こうにロープーウェイ。即、道を換えました。

 

桃源台駅到着、芦ノ湖です。

 

桃源台船着場 

 

これで引き返しました。 

駐車場に戻ったらセンター職員の女性が「さっき仙石原にいましたよね。」と声を掛けてくれて(通勤途中だったのでしょうね)、暫しスピッツ談義。手の中に何か持っています。ゴミ?と思ったら栗から出てきたという何かの幼虫でした。「放したら育つかな?と思って。」と・・・素敵な方でした。

 

今日のランチは仙石原箱根ガーデンで蕎麦。

 

天ぷら蕎麦 

 

友人からの情報があったので行ってみたのですが、知らなかったらとても入りにくい場所でした。ホテルだったの。

ワンコOKのテラス席は日陰でちょっと寒かったけど、完全に貸切状態。フロアのお姉さん、厨房の小父さん小母さんに次々可愛がって貰いました。

 

フロントの奥に、ドキッとするほどリアルな白犬のぬいぐるみが見えました。お姉さんの発案で記念撮影をする事に・・・。

 

看板犬さんと! 

 

この仔は実在した純白のゴールデンがモデルで、純白故に繁殖犬として辛い生涯を送ったそうです。名前を聞いたのだけど忘れてしまって・・・調べても分からないのです。“ぬいぐるみ”なのに、とっても心引かれたワンちゃんでした。

素敵な庭は散歩自由、裏庭にはノーリードOKのコーナーもありました。もちろん、ワンコとお泊りできる部屋もあるみたいです。

戻って東名で帰るのはちょっと緊張で疲れるので、進んで元箱根から帰ります。・・・ってナビなし地図なしなんですけど。

 

暫く行くと、前回訪れた箱根神社に着きました。箱根神社といえば、やっぱり此処ですよね。

 

平和の鳥居 

 

波打ち際に妙な碑が・・・ 

 

芦ノ湖に突き出た鳥居。前回は此処まで来なかったのでリベンジです。それにしても“白猫明神”って何だろう。調べてみてもこの碑に興味を持つ人は多いけど結論は無し。

想像するに・・・鳥居は戦後建立の“平和の鳥居”。手塚治虫氏の短編集に“「白猫明神」からやってきた核被害に遭った猫の話”があるらしいので、平和を祈り核廃絶を望む意味と捉えていいのかな。あくまでも想像です。

 

大観山に着きました。

 

一望! 

 

結局富士山は朝の足柄からの眺望が一番だったのかな(消しちゃった)。でも、こちらは箱根ターンパイクの起点。又訪れる事になりそうです。そのうちには“くっきり富士山”にも会える事でしょう。

スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

こんばんわ~☆

ワァ~~!キレイなお写真ばかり!!
紅葉の下の百妹ちゃん、湖バックの百妹ちゃん、鳥居の下の百妹ちゃん、なんといっても、本物!?かと思うくらいの白犬さんとの2ショット百妹ちゃん、どれもカワイイです♪
ゴールデンがモデルなんですね~。白いゴールデン、見て見たいです。
お散歩道もお店もお店の方々も、とってもステキですね!!
「放したら育つかな?と思って。」・・・には、キュンとしました(*^_^*)
近いし一度行ってみたいです。
ワタシは方向音痴なので、ナビに従って!!ですが(^_^;)

こんばんは^^
この前はスピッツ展で、少しお話できてよかったです♪
旦那さまがいるとすぐ帰りたがるので、なかなか長くいれないのが残念です。

箱根、いいですね^^犬連れだと、行きにくいのかと思っていましたがそうでもないようで!!
紅葉もキレイだし、芦ノ湖もしばらく行ってないです。
小春たちを連れて行ったことはまだないので、今度行ってみようかなv-10
箱根なら日帰りでも行けますね^^

箱根いいトコ

モモママさん、こんばんは~
仙石原といえば、ススキで有名ですよね。また、白黒茶々家が初めてお泊りの家族旅行で行った思い出の地でもあります。しかし、あの時は台風の中の強攻策だったので、仙石原のススキはほとんど強風でなぎ倒されていました。

また、百妹ちゃんは箱根では皆さんの目に留まっていたみたいですね。

気持ちよさそぉ~♪

ススキ野原、気持ちよさそぉ~です!
ごろごろしたいなぁ~~^^
それで青い空の下お昼寝。。
百妹ちゃんも、仙石原の気持ちのイイ空気吸って、
お散歩も楽しさ倍増だったかな♪

白いゴールデン、、
もしかして もしかして、、「ばっちゃん」では?
浜名湖のペンション・クッチェッタの方に助けられ、
後年はそちらで幸せに暮らしたワンちゃんではないかと
思ってしまいました。

ギョンさん

逆光との戦いの写真ばかりです。私にはこれがやっとかな。
ビジターセンターの方、箱根の自然の案内のお仕事はきっと彼女の天職ですね。いいなぁ。
白いぬいぐるみワンコには百妹はちょっと反応してしまって、そおっと隣に置きました。帰りには窓際で外を見ていたぬいぐるみさん、それにも反応してました。

是非行ってみてね。施設は無理でも観光客になれるから。テラスOKのお店もいっぱいありそうです。

方向音痴・・・さもスムーズに行動したふうに書いてますが、私も細かくは同じ所を行ったり来たりしましたよ。

こはりこさん

かわいいお二人さんに会えて嬉しかったですよ~。パパさん、一緒に来てくれるだけでいいじゃない。家なんか、最初から付き合う気ナシ!

箱根。自由に遊ばせたいとか他のワンコと触れ合いたいとかドッグカフェとか期待すると難しいけど、普通にリード散歩とテラス席でランチだったら楽しめると思います。カートがあれば“抱っこならOK"の所にも行けるしね。
日帰りで充分行ける、本心はお泊りしてみたい。でも、我が家は猫達が待ってるので家族旅行は無理なんですぅ。

白黒茶々さん

強い筈のススキがなぎ倒されていたのですか?かなりの強行突破だったのですね。
私はコスモスの台風被害に何度か会っています。切ないですね。育ててきた方々はもっと切ないでしょうけど。

一人と一匹で観光地にいるといろんな出会いがありますよね。先日は「本当にスピッツ?毛が少ない」と言われちゃいましたよ・・・悪かったわねぇ!てな感じです。

シロダヌキさん

ありがとう~~!
そう「ばっちゃん」でした。浜名湖のペンションに引き取られたと言ってらしたし、間違いないです。
「ばっちゃん」の記事を読んできました。そしたら私は以前そのHP覗いていたんです。きっと話題になった頃なのかな。その後6年間幸せに暮らせたと知りホッとしました。綺麗に復活した「ばっちゃん」の写真も見る事ができました。
フロアのお姉さんは14歳のゴールデンと暮らしているそうで、きっと他犬事ではなかったのですね。

ススキ・・・ずっと緑の葉の頃が好きでした。こんなムートンみたいなのもいいですね。でも、この上でお昼寝しようとしたら、ズボッと埋まっちゃいますね~!

はじめまして。
白猫明神について書かれていたので
来てしまいました。やはり手塚さんだと思われますか?
実は私もいろいろ調べ、箱根環境協会やら箱根神社に
問い合わせてみましたけど、どうも、この石碑は
20年前くらいに知らない間に置かれていたものだそうで、神社の方も、その人の気持ちをくんで、そのままに
してあるそうなのです。
20年前と言ったら、ちょうど手塚さんが亡くなられた
頃ですよね。なので、そうかなぁ~~と思っていたのです。それで、こちらの日記に辿りつきまして、同じように考えていらっしゃる方がいたことを知り、思わず
コメントしてしまいました。ちなみに漫画、読んでみましたよ。

パセリンさん

はじめまして。
ありがとうございます。お陰様でとってもスッキリしました。
神社も知らない内になんて・・・ロマンティックですね。これでもう真実は誰にも分からないって事がはっきりした訳です。
何だか本当に私の感じた事が当たってる気がしてきました。
私も手塚氏の漫画を読んでみようかな。でも辛そうですね。

手塚さんの漫画は「手塚治虫アンソロジー・猫傑作集」
2の中の「空気の底・猫の血」という作品です。
楽しい内容ではないけれど、心に残りますね。
箱根って、考えてみたら、西部のバスが走ってますね。
西部といえば、ライオンズ。
あのライオンマーク、手塚さんが描いたの
でしたよね。なんだかいろいろつながってきました。
あと、私、こちらも20年程前なんですが、
スピッツ飼っていました(笑)やっぱり女の子。
ユキという名前でした。
モモちゃん見て、懐かしかったです。
今、スピッツ少ないですよねぇ。

    ↑
ごめんなさい、西部でなく西武です(^^;

パセリンさん

手塚氏の漫画は常識的な事しか知らないのですが、「火の鳥」は夢中になりました。因みにアトム世代です。
とても深い感があります。怖いですがエーイ!調べてみますね。
西武のライオンさんはジャングル大帝のレオを思い出させるのですが、そうなのかな。

ユキちゃんというスピッツがいらしたのですね。スピッツは極最近になって又増えているみたいです。百妹を見て思い出して貰えたなんて、嬉しいです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

百妹(モモ)

Author:百妹(モモ)
日本スピッツ
2003/04/20生まれ
女の子
横浜市在住

画像掲示板

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。