白百妹日記 

-with MOMO- 愛犬愛猫と暮らす日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新年

昨年はお世話になりありがとうございました。本年もよろしくお願い致します。

我が家は昨年姑と祖母を送り、服喪中にて静かに過ごしております。

 

佐須毛 

 

辰子 

 

雛子 

 

雪乃丞 

 

猫達は陽だまりからご挨拶・・・

 

百妹はお馴染の碑前からご挨拶です。こちら50選碑中唯一我が家から徒歩圏内、今年も沢山歩きたいです。

 

野島 

 

展望台にて 

 

八景島の向かいです。 

 

沢山歩いたよ。 

 

博文公別荘 

 

 子供の頃は毎夏遊んでいた海

 

夕照橋 

 

橋から島を望む 

 

うららかなお正月です。この一年が皆様にとって素敵な年でありますように・・・。

夕照

夕日が沈む、夕日が沈む、いつの間にか夕日が沈む♪ なんて歌が昔ありました。冬至の前日、葉山の森戸海岸に夕日を見に行きました。

 

森戸神社 

 

夕日を見に来たよ。 

 

急げ、急げ。早くしないと沈んでしまいます。急に時間が空き思い立ったので、ずっと焦っています。

 

何とか間に合いました。雲が邪魔だけど、この日は照ったり曇ったりの一日。これくらいは覚悟していました。

 

間に合った。 

 

燃えてます。 

 

夕日を浴びて 

 

森戸のシンボルの葉山灯台、別名“裕次郎灯台”が見えます。

 

 オレンジ色の世界で暫し磯遊び。

 

又、歩きづらい所ですか。 

 

カメラを向けると座る習性 

 

夕日観賞の人の為の椅子 

 

オ・ヤ・ツ・・・ 

 

百妹の磯遊びとは、歩いているかボーっとしてるかポーズを取らされているかだけなんですけど。

 

いよいよ暮れます。

 

沈みます。 

 

日没 

 

 まるで百妹と私だけの世界の様ですが、実はかなりの人がいました。大きなカメラを手にした人、スケッチブックに向かう人、そして夕日を愛でる個人・カップル・団体。その中で犬を歩かせモデルをさせながら動き回る私はムードぶち壊し存在だったかもしれません。ごめんなさい。

でも、その人達のおかげで百妹の耳立ち写真が沢山撮れました。

 

帰りの参道でこんな物を見付けました。

 

これは・・・ 

 

お守り下さい。 

 

私が熱心に立て札を読んでいたら、通り掛りの人が「犬にお参りさせなきゃぁ!」とからかうので、百妹もお参りする事になりました。・・・ちゃんと前を向いて手を合わせなさ~い!

 

聖なるみそぎ橋を渡り浜伝いに駐車場に戻りました。カメラはその都度“発光禁止”にしないと、すぐにフラッシュ撮影に戻ってしまいます。常には、発光する暗さになると大概カメラを閉まってしまうので難しかったです。

 

みそぎ橋 

 

日没後の微妙な時間帯のマニュアル撮影です。 街灯が灯ってるのに明るく撮れましたぁ。

 

ずっと霞んでいた富士は、日暮れと共にくっきりとした姿を見せました。

 

富士、浮かび上がる。 

江ノ島と稲村ガ崎

14日は、江ノ島をゆっくり三時間程かけて散歩しました。

 

今日は江ノ島 

 

奥津宮 

 

竜神様 

 

八方睨みの亀 

 

江ノ島神社の辺津宮、中津宮、奥津宮と進み、竜神様と八方睨みの亀さんにご挨拶をして、急階段を下りていくと御岩屋のある稚児ヶ淵に到着します。

 

ここで例の碑にもご挨拶。

 

稚児ヶ淵 

 

断崖絶壁です。 

 

百妹は大胆にも絶壁の下を覗き込もうとしたので、慌ててリードを引っ張ったら座ってしまいました。

稚児ヶ淵とは、昔、お稚児さんがお坊さんを愛し叶わぬ恋を嘆き身を投げた所という由来です。後世の隆起で地形は変わっているそうですが、簡単な手摺があるだけで道を外れると怖いです。

 

江ノ島で唯一磯遊びの出来る稚児ヶ淵をウロウロと・・・苔で滑りやすく潮溜まりがいっぱいの岩場を歩きました。百妹も滑ってたけどこけませんでしたぁ。

岩屋は、実は入った記憶がありません。入場500円かな。たぶんワンコも抱っこしていれば大丈夫ではないかと思うのだけど・・・今度聞いてみよっ!今回初めてそんな気になったのだけど、秋の台風被害で復旧工事中だったので魅力薄でした。

 

濡れたくない! 

 

岩屋の裏から・・・ 

 

食事中の鴨 

 

食事を待つ鳶 

 

トンビ達は時折一斉に飛びます。下で釣り人が釣った魚の内臓を投げ与えてくれるのです。

  

帰りは近道の下道を戻り、マリーナ方面へ。

 

百妹、写ってます。 

 

沢山歩いたよ。 

 

久し振りの江ノ島でのんびり散歩でした。

 

 帰りに稲村が崎に寄りました。こちらは浜遊びをしない限り、歩く場所が殆どないので短時間です。

 

稲村ヶ崎  

 

投げ入れし剣の光あらわれて千尋の海もくがとなりぬる 

 

 富士山が見えなくて残念! 

 

小さいですが、いろいろな歴史的意味のある公園です。新田義貞の「剣投ぜし古戦場」、ボート遭難の「真白き富士のね」とか・・・。

 

という訳で、この後前述記事の通り、岩場でアザラシになりました。

人のお食事会に付き合う

もう何回となく行っているのに、やっと見付けた50選碑です。あまりにも何気ない、景色とは関係ない所(方角は合ってるんだけど)にありました。

 

やっと見付けたよ。 

 

キラキラ 

 

もの想う犬 

 

背筋がピ~ン! 

 

角度を変えれば青空 

 

ランチに行きましょ! 

 

雨と雨の間の18日の城ヶ島です。海側と陸側の空の色が全く違ってお天気なのか曇ってるのか分からないですね。全くその通りのお天気でした。海はとっても綺麗・・・でも観光客の皆さん、ゴミはやたらに捨てないで下さい。

 

この日は、お昼から百妹のお教室の先生や仲間と食事会でした。仲間のお店で美味しいお魚料理を戴きました・・・が、百妹は御弁当を食べたら殆どの時間をクレートイン。夕方までお疲れ様でした。百妹ちゃん分かってるよね、TPOだよ!

油壺

油壺のハイキングコースは、丘の上から始まり緑の中、砂浜、岩場がコンパクトに納まり周遊すると丁度いいお散歩になります。

 

ハイキングコースにあったよ 

 

「外海は荒れゐて月の油壺」 田辺大愚 

 

流石のロケーション 

 

朝日が眩しい道を心地よく歩きました。本当は最初“くりはま花の国”に行ってみたのです。あぁ!コスモス・・・駐車場で「花を見に来たのなら諦めた方が・・・」と言われ従いました。やっぱり復活は難しかったみたいです。

  

好く晴れた午前中だったのですが、もっと晴れていればこの方向に富士山が見える筈でした。

 

新井浜 

 

風に吹かれ顔が歪む 

 

波のシャッターチャンスを狙う 

 

向こうの海岸線を歩いて来たよ 

 

胴網の浜 

 

海辺の道は入り組んでいて先の景色が読めません。それだけに楽しみも多い道でした。

 

この地には、かつてはお城があったそうです。

 

三浦氏の新井城 

 

三浦道寸のお墓 

 

お墓の後ろには塔婆がいっぱい! 

 

戦国の世を前に滅ぼされ怨念深いイメージの三浦一族。油壺という地名は“滅亡時、湾が油を流した様に彼らの血で染まった”という由来だそうです。百妹が変な顔をして塔婆を見ています。何か感じちゃったのでしょうか。

 

今では、油壺といえばマリンパーク。以前にも入ってるけど今回はもっとゆっくり水族館を堪能しようと思い入りました。

 

じんべいざめ 

 

可愛いお魚 

 

うろたえる・・・ 

 

かたまる・・・ 

 

癒しの空間?? 

 

何ペンギンだっけ 

 

前回は全く怖がらなかったのに・・・入り口の小さな鮫を見た時から駄目でした。やっぱり年齢と共に敏感になるのでしょうか。終いには私達の為だけに解説に来てくれたお姉さんのマイクの声に尻尾を下ろして逃げに入り、遭えなく撃沈です。お姉さんにはお詫びをして退散。戸外に出たら出たで、ペンギンが水に飛び込む音で逃げようとするし・・・入場料の1,700円は全く無駄という結末でした。

百妹ちゃん、又散歩に来ようね。水族館は無しで・・・!

山下公園と大桟橋

夫は生粋の浜っ子ですが私もそれなりに横浜者、この辺りは子供の頃から慣れ親しんでいます。

 

百妹とは2度目かな 

 

緑のいちょう 

 

ご存知マリンタワー 

 

マッカーサーのホテル 

 

氷川丸 

 

水の女神 

 

これらの景色は自分が幼い頃から変わっていない部分です。家族と友達と彼氏と・・・今のメルパルク以前の建物では学生時代にウエイトレス(あの頃って完璧メイド服)のバイトをしたし、結婚式もこの辺りだし。思い出深いというか共に歩んだ景色です。なので氷川丸とマリンタワーが相次いで倒産の危機にあった時は寂しい想いもしましたが、幸い以前よりいい形で今も生きています。

 

でも、続く大桟橋は何故か二十歳の頃以来、何時の頃かターミナルの上部がこんな形に整備され素敵な散歩道になっているので、ずっと来たいと思っていました

 

通称くじらの背中 

 

足元不如意! 

 

このカーブが嫌!

 

遠くから見ていた分には半分が芝生だったのですが、そこは人も侵入禁止。ウッドデッキ状の道を百妹は重い足取りで取り敢えず先端迄は何とか歩きました。

 

しかしgive upです。

 

歩けません。 

 

もう無理です。 

 

抱っこしかありませんね。

 

仕方ない、戻り道はずっと抱っこでした。重かったぁ。

此処には天候と気温を選んで来たので、とても爽やかな風を受ける事が出来たのですが、百妹がこれではもう来る事は出来ないですね。ちょっと情けないです。

 

ランチはマリンタワー1階THE BUNDのオープンテラス

 

ワンコOKですか? 

 

パスタランチ 

 

ぶっつけで入ったこちらのお店は気が利いていてリーズナブル、コーヒーは大きなマグカップにアメリカンでした。

 

本日のベストショット

 

赤い靴履いてた女の子と 

 

通りかかりの方に爆笑されました。・・・そんな所に犬を乗せるなと怒られるかと思った。無礼かもしれないし危険でもあるのでもうしません。

小田原のお城

小田原城址公園に行って来ました。

 

正面入り口 

 

銅門 

 

天守閣 

 

お城と百妹 

 

以前来たのは覚えていない位昔です。昨今ブログ友達のお城ネタに触発されて「行かなくちゃぁ!」と思っていました。

 

そして、もう一つの目的・・・百妹をウメ子さんと会わせたかったのです。

 

ウメ子さん 

 

こ、こんにちは! 

 

ツーショット 

 

ウメ子さんは戦後まもなくから此処に暮らす国内最高齢62歳の像さん。暫く観察させて貰いました。食事中は何て事なかったのですが、餌狙いのカラスが近寄ったら鼻を使い水をシャッと飛ばして追い払ったり、身づくろいの様子も微笑ましかったです。百妹にもちょっと興味を持ったらしく、静かに近づいて来てジッと見てくれました(上の二枚はウメ子さんと百妹が見つめ合っています)。

 

しかし、こちらにいるもう一種

 

猿さん達 

 

うっ! 

 

怖い・・・ 

 

猿舎では百妹はビビッてしまいました。猿さんとは以前会ってるのですが、披露山は檻が二重で中がよく見えなかったのかな。

 

という事でお城を後にします。

 

ウメ子さん、元気でね~! 

 

観光しながらたっぷり散歩をし、象さんとも触れ合いなかなか充実でした。でも、ちょっと暑かったかな。今日は曇り予報だったのだけど。

 

まだ朝方なので帰ろうか進もうか迷ったのですが、この後更に百妹を付き合わせる事に・・・続きは改めて書きます。

秋を祝う

9月に入り、この2・3日秋の気配です。又残暑がぶり返す前に、今日は午前中ずっと海辺で過ごしました。

 

静かな海 

 

よく来てるけど、やっと出会った碑 

 

向こうが長者ヶ崎 

 

50選碑は私が使った事のない駐車場の中にありました。長者ヶ崎・・・本当は“崎”まで行きたいのですが駄目みたいです。

 

浜伝いに葉山公園、そして御臨橋を渡ると“小磯の鼻”があります。海に突き出た丘で大好きな場所。ここに来ると時を忘れます。名前が付いていたとは最近迄知りませんでした。

 

いい感じの橋 

 

大好きな場所 

 

おいで~! 

 

呼び戻し成功 

 

彼方に江ノ島 

 

海の安全を祈る 

 

並んで座って海を眺めたり、更に向こうの一色海岸を歩いたり・・・今日は余り歩かずのんびり過ごしました。

 

帰り際、広場でちょっと訓練の復習をしていたら、百妹が突然に切れましたぁ。本来なら、この行動は決して許してはいけないのですが・・・許してしまいました。おまけに普通のリードから伸縮リードに交換、ボールまで出して。

 

御用邸裏でルンルン! 

 

走った~! 

 

百妹が切れて走るのは約3ヶ月振り、ヒートから擬似妊娠を経て先週お乳が出て、やっと元気な仔になりました。嬉しい!・・・百妹は、切れて走れば私が嬉しくてお勉強をやめるって分かっていたかも・・・頭いいなぁ(馬鹿親)

 

しかし遊んだ後は、

 

電池切れ 

 

完璧電池切れでした。歩いている最中に砂浜でもストライキしてました。

 

ランチはやっぱり海辺で、ワンコの季節到来と百妹の鬱期終了を祝し乾杯です。もちろん、ノンアルコールですよん。珍しくお料理もアップしちゃいます。

 

海辺で一杯? 

 

ビシソワーズ 

 

ビーフシチュー 

 

デザート 

 

最近、飲めない時の宴会ではノンアルコールのビールやワインを戴く事を覚えました。やっぱりウーロン茶よりは気分が違う。でも先日の宴会では三本も飲んでしまって・・・酔わずに(当たり前)お腹がガポガポになりましたっけ。

 

百妹の体調も、お教室も、遊びの集いも始動します。

夏のハイキング

13日は珍しく夏らしい天気。天気予報は当てにならない、どうせ曇るでしょと百妹を連れて出かけたはいいけど・・・海は駄目、街も駄目。なので久し振りに山を歩いてきました。

 

マイナスイオンあるかな 

 

毎度お馴染み 

 

滑るぅ~! 

 

風化が激しい 

 

最近の天候の所為か山はジメジメして苔だらけです。肝心の十王岩の閻魔さまご一行も苔むして・・・。此処は丁度八幡宮の真裏だそうで、海に真っ直ぐ延びる若宮大路がはっきり見えました。それにしても、八幡様の後ろの一番高い所にどうして閻魔様がおられるのでしょうね。

じっとして景色を見ている限りは涼しい“ハイキング”ですが、歩いていればそりゃ暑いです。顔が火照りました。

 

百妹も疲れたみたいです。長散歩はすっかりご無沙汰でしたから。

 

休憩その1 

 

休憩その2 

 

休憩、極めつけ! 

 

抱っこしろ~!! 

 

下山して社務所の軒先でストライキ、以後軒先があるとストライキ。階段も「もう沢山、普通抱っこでしょうが・・・」とばかりストライキ・・・でした。伸縮リードのお陰で仕方なく付いてきましたが、終いには駐車場の小父さんに「相当疲れてるんじゃないの?」と言われてしまうし・・・私、ちょっと百妹に無理させちゃったのかなぁ。 

 

山散歩はひょっとして山桜の季節以来。自然公園も七月に蛇に出会い遠のきました。・・・そして今日、やっぱり蛇に出会ってしまいました~!夏に歩くのは山しかないので「マムシ以外ならOKよ」と言ってみたいのですが、ついつい悲鳴を上げてしまいます。

 

しっかりしろよ! 

 

半増坊の天狗さん達に喝を入れられた百妹と飼い主でした。

岩礁の道 完結

濃霧の中、先日の剣崎の続きを歩いてきました。

 

クラ~~ッ! 

 

白浜毘沙門なんですけど・・・今日は景色の写真は無理みたい。

 

でも、それはそれで幻想的に感じる・・・という事にして楽しんできました。

 

夫婦岩と云うらしい  

 

三浦は砂浜より貝殻浜多し 

 

百妹は塩と湿気にやられてます。 

 

ドロベチョです。 

 

霧は少し晴れたかな 

 

一時間ほど散歩して・・・

 

丘の上の宮川公園で休憩です。ドロベチョ百妹もバスタオル一枚で見かけは綺麗になりました。こちら二機のプロペラがあるだけの小さな公園なんだけど落ち着くのです。人用トイレも使えるし・・・休憩にはもってこい、百妹は寝てました。

 

綺麗に戻ったよ。 

 

まだ朝の9時半、どうしようかなと思いつつ次回の為に岩礁の道の最終目標を探索して帰る事にしたのですが、お目当ての毘沙門漁港は割と簡単に見つかりました。しかも駐車スペースが旨い具合に一台分空いてる・・・駐車場ではなくあくまでも駐車スペースです。釣り人の為と思われます。

 

案内板に「盗人狩まで0.6k」とありました。行っちゃえ~~!

 

マジっすか~? 

 

岩場の下は・・・ 

 

匂いかぎしてるんじゃないよ。緊張してるのさ。 

 

さぁ、いらっしゃい! 

 

ガンバッ! 

 

私も怖かった 

 

この0.6kは百妹にとってハードだったと思います。流石に最後の写真の橋は行きは抱っこしました。・・・しかし、帰りは自分から進んで渡りました。それ以外は自力歩行・・・頑張らせ過ぎだったかな。

 

さて、盗人狩とは「ぬすとがり」と読みます。

 

読んでね 

 

見えたよ 

 

 

例の碑もあるよ 

 

ここがビューポイントらしい 

 

 

 奇岩です。

 

反対側から 

 

いろんな方の写真を見て予備知識を持って訪れたのですが感動でした。近くにこんなスポットがあるなんて正直驚きです。 穏やかな毘沙門、ワイルドな盗人狩・・・このすぐ先は城ヶ島です。

 

今日は天候の所為か何なのか、休憩中の鳶さんに沢山会いました。

 

毘沙門にて 

 

同じく毘沙門 

 

盗人狩にて 

 

アップ! 

 

別世界の様なワイルドな散歩でした。次は青空の時に来たいです。冬晴れが最高かな、フナムシもいないしね。

 

〆はまりんさんのランチ。

 

ホッとする! 

 

いつものランチが物足りない程にお腹が空いていました。百妹のお弁当も私のプレートも綺麗に完食して帰路に付いた頃に降り出しました。帰宅は13:30頃かな。もちろんお昼寝しました。

剣崎

昨年から気になりつつも通るだけで縁のなかった三浦剣崎周辺は三浦岩礁の道と紹介されています。先日、荒崎の帰りに寄った江奈の干潟や「松輪の鯖」ブランドで有名な松輪もこの辺り、雄大な岩場の写真に魅せられていました。名前は有名なんだけど、地図では道が何気に消えちゃってるんですよね。それもその筈、きゃべつ畑の農道で擦れ違いも困難な道でした。

 

見つけた~! 

 

テクテク・・・上手に歩きます。 

 

人が居る! 

 

こっちにも人が居る! 

 

砂浜も少しだけ 

 

出会ったのは釣り人、ダイバー、そして駐車場のおじさんた達と其処に居た猫達、全く観光地とは程遠い雰囲気です。

 

こんなに素敵な景色なのに何で観光地にならないんだろう。でも、なっちゃったら遊歩道とか手摺とかが出来てつまらない風景になるだろうし、このままの自然が一番です。因みにこちらはウルトラマン・シリーズのロケ現場として有名らしい。

 

ここから先は行かないよ 

 

城ヶ島と観音崎の息子と云われる灯台 

 

何とも寂しい風景 

 

東京湾の入り口だそうです。 

 

ほんとに誰も居なかったな。ヒート中の散歩にはうってつけでした。

 

岩礁の道は此処いらからずっと歩くのだけど、犬連れでは無理です。細かく攻めていくつもり・・・。次回の為に次のスポットを探索しておきました。こちらは剣崎よりもっと分かり辛い道、いろんな案内の記事を拝見していてやっと、それでも迷いながら辿り着きました。

 

怖くて入れない。 

 

広~い。 

 

もう歩かないぞ~! 

 

何て花? 

 

毘沙門は名前からして興味をそそられていましたが、とても素敵な場所。模型飛行機が鳶と一緒に飛んでました。涼しくて百妹と遊べる日があったら、一番に“続き”をします。

 

合成の様な写真が撮れたので載せておきます。

 

足が隠れちゃっただけよ。 

 

 

五月の海風

三浦の荒崎は我家から割りと便の良い場所にあります。昨年の7月以来だけど、そ~んなに魅力的な所とも言えないし(似たような所ばっかり行ってるものね)、同じ所要時間ならたまには横浜中心部に行こうかなとも迷った挙句・・・やっぱり下り方面を選んでいました。数時間内で行って散歩してランチして帰って来れるいいコース、もっと開拓しなくてはね。でも百妹には、もちろん勝手知った散歩が一番に違いありませんけど。

 

お馴染みの景勝50選 

  

海の匂いが。 

 

いい景色だね。 

 

波の音がチト怖い。 

 

海は波の音が怖くて嫌いだけど砂浜よりはマシだよね。横に開いた耳が緊張を物語ってます。

 

岩礁の模様は中々面白いです。何でも泥岩と砂岩が云々みたいな事が書いてありましたが、そこは見た目だけで観賞してね。フナムシがいっぱいでした。

 

足場が今ひとつ

 

Give Up

 

飼い主はスピッツを迎えた時に足の細さが心配で、下り階段NGとか思っていたのですが(未だに習慣で抱っこする近所の階段有り)なかなか逞しく、こんな岩場で様子を見ていると面白いです。飼い主が歩ける所なら先ず大丈夫・・・もっと運動能力高そう・・・怖がるのは溝の深さや水という見た目・・・人間と同じなんですね。

 

でも、やっぱり百妹はこっちです。

 

ルンルン!

 

待て~~! 

 

ピクニックをしたくなるような広場ですが、鳶が凄いので駄目ですよ~。小型犬も危険で~す。

 

帰りは遠回りをして、江奈湾の干潟を見てきました。

 

江奈の干潟 

 

生物の宝庫だって 

 

三浦には江奈と小網代という二つの干潟があるそうです。以前に通りかかり、とても心を惹かれました。

 

さてランチタイム、今日は子安の里の“まりん”さんにします。実は先週花の国に行った時は、予定していたお店が満席、定休日、閉店と三軒もふられて・・・行き着いたお店はちょっと違ったの。そんな時ってがっかりですよね。

 

平日限定プレート 

 

百妹もお弁当を完食して満足だよ 

 

食後はお昼寝に限る 

 

こちらは店内とテラス席はNG、ワンコ連れはお庭席ですが、落ち着くなと感じる気持ちは人も犬も同じなんですね。いざ帰る時に百妹は座り込みならず臥せ込みでした。仕方なく4・5歩行っても又臥せてしまい、他の方々に笑われてしまいましたぁ・・・。百妹には、そんなお気に入りのお店が何軒かあります。

« PREV  | HOME |  NEXT »

プロフィール

百妹(モモ)

Author:百妹(モモ)
日本スピッツ
2003/04/20生まれ
女の子
横浜市在住

画像掲示板

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。